WE English School 川村愛裡英会話教室

北海道/帯広市の小さな英会話教室・留学支援センター

お気軽にお問い合わせください!TEL090-8276-4145

Webからのお問い合わせ

Zombie物語 ―十勝DEAD spaceとの出逢いー

注意:本物ではございませんが、血糊が苦手な方はどうぞお読みにならないで下さい。



皆さんは現在活動中の『十勝DEAD space』(とかちデットスペース)をご存知ですか?
十勝毎日新聞で2回程取り上げられておりました。

新たな事業創造を目指す事業者や企業予定者の学びの場『とかち•イノベーション•プログラム』(TIP)2018の第4期生の皆様です。



実は私はそのTIP第1期生でした。
3年前にこのプログラムに参加し、色々な刺激や学びを受け、その翌年WE English Schoolをグランドオープンしたのです。

今年はTIPには参加しておりませんでしたが、毎年どんな突拍子もないアイデアを持ったチームがいるのかワクワクしながら情報をリサーチしておりました。

そして目にとまったのが 『十勝DEAD space』 チームです。

『私たち、ゾンビが大好きです!ゾンビで街を満たしたい!ゾンビの話で盛り上がってまーす』



・・・最初は趣味のサークルで終わる?と頭を過ぎりました。
が、メンバーを見て考えが変わりました。

米澤 愛さん:
FM-JAGAラジオ局に20年以上勤め、勝毎花火大会の総合司会を数年連続でされた経歴を持ち、現在はフリーランス司会者として活躍中。

小林 友美さん:
起業準備Webサイト、ECサイト等の相談所、『さいとしーず』のデザイナー
公務員を離職後、独学でWebデザインを学ぶ。
趣味は特殊メーク!

米脇 将郁さん:
・・・ この方の情報はなかったものですから、ある会合に参加するのを聞きつけ、会いに行きました。すると、空手1級の持ち主! 隠す事なく『私はオタクです』と初対面の私に堂々と宣言。この方も只者ではない・・と感じました。

3人に共通する最も大事な精神
『好きな事や信じる事を一途に貫く狂人』 を感じたのです。



時はハロウィンシーズン。
WE English Schoolでは毎年大人の為のハロウィンパーティを行う。
タイミングもいい。イケるかも知れない。
ただの趣味サークルではなく、現実に置き換えて事業構成する研究材料として WE English Schoolのイベントが役立つのならTIP一期生、恩返しも出来て本望。







早速アポを取り、イベントの会議をする。
ほぼ初対面の米澤さんに私は尋ねた。


『どこまで出来るんですか?』


米澤さんは一呼吸置いてから言った。
『何でもやります』



さらに突っ込む。
『本気でゾンビの演技は出来るんですか?本物になりきれるんですか?』



米澤さん即答
『出来ます!』



結果はその通り。有言実行大成功。







楽しく平和なハロウィンパーティ会場に
突然ゾンビ出現!

観客達の悲鳴が響きわたる。




小林さんの最高な特殊メイクと演技。彼女が一番怖い。








米脇さんのゾンビで有り続ける持久力。






そして、米澤さんの観客を盛り上げる名司会‼️







本気で笑い、本気で怖がる観客を見て、震える程感激しました。
本当にありがとうございます。心より声を掛けて良かったと思いました。










これから起業を目指す『十勝DEAD space』
元気のない十勝の場所に賑わいを。








2018年12月16日に『ゾンビ•バー』を「遊食食間あっぷ」(大通南9)で初回開催するという。











3人は放った。




『私達は本気です!』







WE English School は『十勝DEAD space』も応援して行きます。

1055view

関連トピックス:ブログ・雑記

  1. HOME
  2. ブログ・雑記
  3. 十勝DEADspace (ゾンビ)をご存知ですか?